スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
行って帰ってくったくた。

受験に行ってきました。

結果は、微妙です。

何より、化学が微妙です。

受かってるよりは、落ちているほうが確率が高い気がします。

ま、何が起こるかわかりませんし、結果が出るまではぼやーんと待ってます。


と、と、と、

言うわけですので
町田でうほうほしてました。

以下、地味な遠征記。



てなわけで
まずは東京に到着。

休む間もなく新宿へ。

新宿から小田急に乗り換え町田へ。

何を血迷ったか各停で。

ま、予定のギリギリ範囲内くらいでついたのですが
町田駅で小田急からJRへの駅移動を手間取って
予定の電車とニアミス。

次の電車がなんとびっくり
相模原でバスとニアミス。

…勘弁してくれ。

此処で、予定と30分くらい遅れだす。

で、バスが予定より遅く来て、さらに遅く着いた。

そして、15時に北里大学ようやく出ることに成功。
この時点で、遅れる連絡をいれたらまだぶろちゃん先生は到着してなかった模様です。

よかったよかった。


ん…、良かったのか…?


??

まぁ良いや。


んで、16時前にようやく町田へ。

そこから20分くらいふらふら迷ってようやく遅れて到着。

音ゲーコーナーがわからずそこでもふらふら。

それから、なんとか見つけてたどり着いたらポップン全台埋まってました。


背後のアニメロ筐体まで含めてぶろちゃん先生はすぐに分かりました。

V[EX]をやっていらっしゃいました。
しっかりS-乱で。

まだ2曲目だったので、後ろで見ていることに。

平気で危険な曲にS-乱かけています。
これがスパランカーですか。

そして、後ろにもう一人お兄さんが…。

ん?ぶろちゃん先生のお知り合いの方かなー、と思いつつ
話してみると

「俺、今日ぶろちゃんのプレイ見るの初めてなんだけど、マジやべぇなぁ。」

といってました。
いえ、初めての割にはかなり仲よさそうでした。

そして、ぶろちゃん先生が終わると
簡単な挨拶とお土産贈呈(笑)

お土産は、半日常温で連れまわした
喜久福です。

半氷菓子なので、常温持ち歩き厳禁だったのに、やっちゃいました。

そしたら、ぶろちゃん先生からもお土産が…。


くずもちいただきました。
好物なので、冷やしてきな粉どっばどヴァでいただきます。


というわけで、空いた台でプレイしようにも
後ろにぶろちゃん先生がいらっしゃったら恐ろしくてプレイできません。

というわけで、急遽乱入してきたお兄さんを交え3人できゃぴきゃぴしながら
ぶろちゃん先生の驚異的なS-乱を見ることに。

途中で、僕もプレイしたり、IIDXのマーキングをしたりしましたけど。

そんなわけで、自分もニューエイジ[N]とかモダン80[H]とかメランコリー[EX]とかに
S-乱かけてまったりプレイ。

最近S-乱はご無沙汰だったのでいきなりねぶたとかは微妙かなぁと思って。

それから、ぶろちゃん先生のS-乱との違いをじっくり見切ってきました。
いえ、お土産以上に貰うところは貰っておきます。

~以下感想その1~

どんな風に押してるのかと思えば押し方自体に不可能なところはありませんでしたが
大きな差がありました。

おそらく、見切り力でしょうか。

あとは、無理押し力というか、縦連や意味分からない微ずれとかを含めた無理力…?
決して片手で9個押してるとか
人類を超えているわけではなかったのでまだまだ自分のこれからに期待あげ。

しかし、あの見切り力は真似できません。
相当な慣れでしょう。

というわけで、しばらくは地味な無理押し曲に的を絞って
練習してみようかと思います。

個人的に考えているのは
ぶろちゃん先生からもいただいた「彗星RAVE[EX]」
あとは「セツブン[EX]」「デスボサ[EX]「未来派[EX]」
個人的趣味で「キョウゲキ[EX]」といったくらいですかね。

当面の目標曲はメガネロック[EX]です。


あ、遠征記は次回に続きまふ。

スポンサーサイト
【2009/02/04 00:52】 | pop'n | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<続く。 | ホーム | てなわけで。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekirei1027.blog70.fc2.com/tb.php/208-70d51456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。