スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
対 銀イオン 再び
と言う訳で、昨日は諸事情で出来なかったので、今日実験しました。


と言う訳で、準備物。

食酢(約3~4%)、食塩、トイレ掃除用のあれ。
耐熱フラスコ、容器になりそうなもの、一度沸騰させたお湯。


こんなもんでしょう。

本日のアプローチ。
塩化銀は失敗だったので、比較的分子量が大きく配位子も出来なそうな物質を目指す。
ちなみに、塩化銀は溶解度もそんなに高くないらしい。

常温で1g前後だとか。

というわけで、食酢の濃度を上げるために加熱。

この作業が一番苦痛でした。
目は痛いし、部屋は臭いし。

最悪ですね。

窓全開で数分避難してたらすぐににおいは消えましたが。

そして、二つの容器にわけ、片方はそのまま"掃除用のあれ"を
もう片方には、いろいろ考えてみて食塩を適量入れてみて"あれ"を投入。

今日は両親がいなかったので
とりあえず、朝ごはんでも作って食べながら待ってみる。
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
待つこと30分ほど。


変化無し。

とりあえず、においがきついので
ラップで容器にふたして冷蔵庫に入れてみる。

だいたい、溶解度を下げるためには冷やすのが一番ですよね。
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
待つこと一時間ほど。

変化無し




(゚д゚)





また失敗か…orz

そろそろ家庭用品では限界がありそうです。

実験を方法を真剣に考えないとなぁ。

それとも、銀イオンの水溶紙を強熱してみたりすればいいんだろうか。

謎は深まるわ。
こういうときは、あぶくま先生にれっつ相談!

ささ、追記はぽぷーん。
続きを読む
スポンサーサイト
【2008/10/06 01:43】 | pop'n | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。