スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
悪いことには、ならないでしょう。
☆海老天☆


何気に名曲ですよね。まっがーれ↓スペクタクル。

放火とか、笑顔惑星とか除けば。

北極の氷がとけても、海水面はたかくなりませんお。

それは、まぁよくわかる話なんですが
南極の氷がとけると、北極の氷が増えるんだとか。

コレは新たな学説でし。
あんま信じてないけど。
南極の氷がとけること自体がいまだに信じられないし。

こんばんは。
水の結合とクーロン力を考えていたら、線状が一番安定なのでは?
と思ったわけですが。
ま、こんなのも一蹴されて終わりでしょうが、何で違うかということがわかると違いますよね。
ならんから、ならん。じゃなくて。
とりあえず、僕仮説。
δ+   δ+ δ- δ+
H    H O H    H
 \ / / \ \ / …(以下略
   O H    H O

まぁ、なんでこんな結論に行き着いたかというと
Oがδ-でHをひきつけると、この形が一番効率よくつながるのでは?と思ったのです。

Hがδ+どうしなので反発によって、δ-であるOをはさんでちょうど反対の位置に。
コレを繰り返せば、直線系になるのでは?ということ。

ちなみに、コレを180度回転させた形が、
\ // 
  O H
  H O
// \
と、連結すれば、最終的には水面が立つことになりますよね?

ま、不思議です。
わからないことは、聞くに限る。

結局、分子なんて小さいので
線→面→直方体?になるのは目に見えてるわけですが…。

今度、化学の先生に聞いてみます。

追記は例の如くぽぷーん。

あー、エイリアン9みたいわ。
続きを読む
スポンサーサイト
【2008/05/01 03:10】 | pop'n | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。